カーヴィーフィット 着方

カーヴィーフィットに着方で効果的ってある?

カーヴィーフィットは着方が大事?

カーヴィーフィットを着ることで、くびれを作れる人は沢山いますが、出来るだけ効果的な着方をしてバストとくびれのメリハリをしっかりと付けたいですよね。では、カーヴィーフィットの効果的な着方ってどんな方法になるのでしょうか?

 

カーヴィーフィットの効果的な着方が分かると、他の同じカーヴィーフィットを着用している友達よりもより体にメリハリをつけることが出来ます。ここでは、カーヴィーフィットの効果的な着方をご紹介いたします。

 

カーヴィーフィットの通常の着方

まずは、普通のカーヴィーフィットの着方が分からないといけませんので、基本的なカーヴィーフィットの着方からおさらいしてみましょう。

 

1. 下から履く
まず、足先からカーヴィーフィットを履きます。両手でカーヴィーフィットを持ち上げて、足の爪でカーヴィーフィットが傷まないようにすることがポイントです。

 

2. バストを収める
カーヴィーフィットを着用したら、バストをカップに収めましょう。

 

3. 余分な脂肪も入れる
カップの中にバストを入れたら、少し前かがみになって背中やお腹などの余分な脂肪もカーヴィーフィットのカップの中に入れます。

 

以上が、カーヴィーフィットの基本的な着方になります。

カーヴィーフィットの効果的な着方

では、これに効果的な着方を追加するとどうなるのかというと、まず一番初めの下から履くという所で効果的な着方をするようにします。下方履く時には、必ずゆっくりと履くようにしましょう。ゆっくりと履くことで、くびれやお腹周り、バストなどに通常いかなくてはいけない部分にきちんとカーヴィーフィットがあたるようになります。

 

また、余分な脂肪を入れた後には、鏡で自分の体を一度確認してみることも効果的な着方です。自分では、もう余分な脂肪は完璧に入れたと思っていても、鏡でチェックしてみると実は結構余分な脂肪が残っている時があるのです。

 

そのため、最後まで出来たら、再チェックのつもりで鏡に立つようにしてみましょう。以上が、カーヴィーフィットの効果的な着方になります。ちょっとした手間でよりカーヴィーフィットの効果を発揮させることが出来ます。是非やってみてくださいね。

カーヴィーフィットの効果的な着方についてのまとめ

ここでは、カーヴィーフィットの効果的な着方についてご紹介しました。カーヴィーフィットの効果的な着方については、大きく分けると2つの方法がありました。

 

まずは、カーヴィーフィットを下から履く時には、ゆっくりと履いてくびれ部分やバストに来る位置が合っているのかチェックすることが大切でした。また、もう一つの効果的な着方は、背中やお腹などの余分な脂肪を入れたら、再度鏡で自分の姿を確認してみるということでした。

 

自分では満足していても、鏡でダブルチェックしてみると結構まだまだ余分な脂肪がカップの中に入る時があります。せっかくお金を出して買ったのですから、是非バストもクビレもメリハリがあるようにしてみましょう!

 

>>カーヴィーフィットの最安値はこちら